病院とは異なるクリニックの特徴とは?

透析看護師の転職先:クリニック

地域の中でも最も身近にある医療機関がクリニックともいえます。 クリニックとは、ベッド数が19床以下の医療機関をいい、入院ができるところとそうでないところがあります。
透析看護師の転職:コンサルタントを見極める

クリニックの特徴は、やはり患者にとって一番身近な医療機関と言えることです。 患者は当然ケガや病気などどこか問題を抱えてクリニックを訪ねるわけですが、医師や看護師とのふれあいを大切にしている方も多くいます。

特にお年寄りの方は定期的にクリニックに通うことも多く、単に看護師と患者という関係以上に人間関係が築かれることも少なくありません。 よってクリニックで働く看護師には、単に看護師としての知識や技術だけでなく、地域の患者に寄り添えることが求められます。

クリニックのシステムによっては、医師よりも先に患者と触れあうこともあるでしょう。 時には患者のちょっとした雑談につきあうこともあるでしょう。 このようにクリニックは患者にとって一番身近な存在でなければならないのです。

仕事内容としては、クリニックでの業務を幅広く担当することになります。 大病院のように仕事が専門化され分担されているわけではないので、クリニックの業務に関わることは一通りつとめる覚悟がなければなりません。

少人数で運営しているところであれば、カルテ管理や会計など事務仕事から、一般的な看護業務、掃除、医療材料の在庫管理などをしなければならないこともあります。 入院施設があれば夜勤は当然のこととして、介助や食事の管理をしなければならないこともあるでしょう。

ただクリニックの場合、病院に比べれば休みが取りやすい、残業が少ない傾向にあります。 もちろん一概に言えるわけではありませんが、入院施設がないクリニックではよりその傾向は強いようです。

子育て中など家庭と仕事との両立を図りたい人も働きやすい職場と言えます。 自分の看護師としての知識や技術を、地域に密着した形で活かしたいと考える方にはクリニック勤務がお勧めです。

看護師の就業先:療養型病院

看護師の就業先として最近需要が高まっている施設のひとつに療養型の病院があります。 療養型の病院に入院する患者の多くは、症状が安定しているのが特徴です。

急性期医療を経て療養型病院に入ってくる人、急性期や重篤な状態ではないものの安定的な医療が必要な患者が多くいます。 よってそこで働く看護師の仕事も、急性期を専門に取り扱う病院に比べて安定的なものが多いです。

そのため急性期を取り扱う病院で働いていたものの疲れてしまったので、患者と向き合える看護をしたいという理由で、療養型病院を選ぶ看護師も少なくありません。 急性期病院は重篤な状態の患者が多いため、どうしても日々の業務もバタバタしてしまいます。

急な仕事、予定外の仕事も多いです。 そして急性期を脱すれば一般病院や療養型病院に転院することが多く、患者の回転も早いため、あまり患者とゆっくり向き合えるという環境ではありません。

それに比べて療養型病院では入院期間も長く、症状が安定している患者が多いため、患者とゆっくり向き合うことも可能です。ただし近年は少し医療情勢が変わってきている部分もあります。 急性期病院に入院する期間が、減りつつあるのです。

つまり以前と比べると療養型病院でも、急性期とまではいかなくてもそれに近い症状を持つ患者が増えてきているということです。病院によっては、療養型という位置づけながら急性期医療に近いことも行っているかもしれません。

そのため、「療養型病院ではゆっくりと看護できる」というイメージだけで就業するとあとで大変ということもあるでしょう。 また療養型病院は患者の最期を看取るということも少なくありません。

入院期間が長く、毎日顔を合わせ話していた人が亡くなるということと常に隣り合わせになります。 そうしたことと自分自身がどう向き合うかというだけでなく、そうした日を迎える人にどのように過ごしてもらうかということも考えながら、日々看護していきたいものです。

↑ PAGE TOP